京都お薦め甘味処
紫陽花

せっかく京都へ来たのなら一度は食べていって欲しいとっておきのお店を大紹介!
ここでは、学生や貧乏旅行人でも比較的手の届く値段(勝手に
1500円程度
までと設定)で食べれるおいしい甘味処を紹介します。




粟餅所澤屋(あわもちところざわや)
京都市上京区北野天満宮前西入ル南側紙屋川町838-7
(木曜、26日休(ただし天神の日である25日が木曜の場合は営業))
9:00〜17:00(売り切れ次第閉店)
075−461−4517

1682年創業の茶店。添加物を使わない粟餅は、注文が通ってから作られ、その味も柔らかくて絶品。餡で餅をくるんだ餡餅と、餅にきな粉をまぶしたきな粉餅の2種類がある。北野天満宮の鳥居の道路挟んで斜め向かい側にあり、粟餅はお店で食すと1皿5個入りで510円、持ち帰り用は10個入り1020円から。
粟餅


かさぎ屋
京都市東山区高台寺桝屋町349(火曜休み)
営業時間・11時〜18時
075-561-9562

清水寺へ行く途中の二年坂にある甘味処。大正時代、ここの隣には画家で詩人の竹久夢二(1884〜1934)が住んでいて、当時の恋人・彦乃とよく来店したという。お店の雰囲気も、出てくるお皿もとても風情があって、私も大好きでよく利用しました。お薦めは「ぜんざい」。


味処マミ
京都市東山区清水4-163
(他に、要予約の18:00〜21:00食事コース有)
10:00〜18:00(不定休)
075−551−2869

コーヒーぜんざい発祥の店。しかし、最近のここのイチオシはレアチーズ・五味(1050円)。ココア・紅茶・コーヒー・ヨーグルト、そしてチーズの五種類の味が一度に食べられます。独自に開発された全く癖のないチーズは、お店オススメの食べ方(お店で説明があります)で味わえば抹茶と見事に溶け合いサッパリとした後味に。是非一度お試しあれ。
レアチーズ五味


甘味 祗園 徳屋
京都市東山区四条花見小路下ル4筋目東北角
11:00〜20:00(不定休)
075-561-5554

ぜんざいやわらび餅が有名で、舞妓さんも訪れるという花見小路の甘味処。わらび餅(1,000円)は本わらび粉と和三盆を使った本格的な味わいで、極限なまでの柔らかさとモッチリ感を見事に共存させた一品。きなことタレの2種類をつけていただくのですが、一度食せば他店のわらび餅が食べられなくなります。器も京漆器、清水焼で見事。
徳屋

京都オススメ観光スポットいちごカキ氷