★特設ステージ★

管理人のその時の気分で実施。

特集
日本の歴史上の人物のペット

日本の歴史上の人物達は一体どのようなペットを飼っていたのか?
調べてみました(ただし戦国武将の馬は除く)。

 

名前生没年職業ペットエピソード
聖徳太子(574〜622)摂政犬・雪丸雪丸は言葉を話せ、お経を唱えたとか。墓は奈良・達磨寺に。
宇多天皇(867〜931)天皇黒猫父・光孝天皇より譲られた猫。自分の飼い猫を漢詩に詠む。
一条天皇(980〜1011)天皇猫「命婦のおとど」飼い猫に官位(従五位下)を与え、この猫を追いかけ回した
犬(翁丸)を島流しにするよう命じた。
藤原頼長(1120〜1156)公卿飼っていた猫が病気になり、千手像を描き祈った。
武田信玄(1521〜1573)戦国武将猫を飼う事で人の扱いを研究したという。
島津義弘(1535〜1619)戦国武将朝鮮出兵時に従軍させ、猫の瞳孔を観て時刻を判断した。
豊臣秀吉(1537〜1598)戦国武将大阪城で飼っていた猫が行方不明になり家来に大捜索させた。
猫を首輪につながないようにとのお触れを出した。
上井覚兼
(うわいかくけん)
(1545〜1589)戦国武将白い南蛮犬キリシタン大名・有馬晴信から貰った南蛮犬。
上杉景勝(1556〜1623)戦国武将飼っていた猿が景勝の物まねをして、景勝が笑った。
酒井忠以
(ただざね)
(1756〜1790)大名狆(チン)参勤交代にも連れて行った。
篤姫(1836〜1883)将軍正室狆(チン)
猫「ミチ姫」「サト姫」
夫・徳川家定が犬嫌いだったため大奥入り後は猫を飼う。
西郷隆盛(1828〜1877)政治家薩摩犬「ツン」上野の西郷像の連れている犬。他にも十数頭飼っていた。
夏目漱石(1867〜1916)作家野良の黒猫、
犬の「ヘクトー」
『吾輩は猫である』のモデルの猫は有名だが、
漱石は実は犬も飼っていた。
上野英三郎(1872〜1925)東大教授秋田犬「ハチ」後に「忠犬ハチ公」として渋谷駅前に銅像が建つ。
内田百(1889〜1971)小説家猫「ノラ」ノラが行方不明になった際に、新聞広告を出して大捜索。

「命婦(みょうぶ)のおとど」を追いかけ回した犬・翁丸は、罰として島流しにするよう
一条天皇に命じられるが、しばらくのち、何と自力で島流し先の犬島から戻ってきてしまう。
そこで近習が翁丸を打ち据えたところ動かなくなったため、門外に捨てられるが、
翌日息を吹き返し再び(宮廷内の)庭へ戻ってきたため、一条天皇の妻・定子ら
が涙を流して悲しみ、それを伝え聞いた天皇は翁丸の追放を取り消した。
『枕草子』より




TOP桜過去の展示一覧